ホワイトニング シートでまだらになってしまった原因とその対策

歯の黄ばみがきになって、ホワイトニングシートを使いましたが、まだらになったという人は多いのではないでしょうか?
まだらになる原因とその対策について調べました。

ホワイトニングシートでまだらになる原因

まだらになる原因は以下の通りです。

・しっかりシートが装着されていない
・歯並びが悪い
・差し歯や被せ物など人工の歯

しっかりシートが装着されていない


シートと歯の間に空気が入ってしまい、しっかりシートが装着されていないと、まだらになります。

歯並びが悪い

前述の通り、シートと歯の間に空気が入ってしまい、歯の表面にきちんと貼れていないと、まばらになってしまいます。
歯並びが悪いと、歯の表面にきちんと貼ることが難しく、まばらになる可能性が高いです。

差し歯や被せ物など人工の歯

差し歯や被せ物などの人口の歯は、ホワイトニングシートを利用しても白くはなりません
なので、普通の歯と人口の歯で、まだらになってしまいます。

ホワイトニングシートでまだらになる対策

ホワイトニングシートを利用すると、まだらになる事が多いようですが、
しばらくしたり、歯を磨いたりすると、気にならない程度になる方が多いようです。

どうしても、気になる人の為に、対策を調べてみました。

しっかりシートが装着されていない


シートをつける時は、空気が入っていないか、歯の表面にしっかり貼れているかを
鏡で確認するといいでしょう
最初は、難しいかもしれませんが、慣れてくるとしっかり貼れるようになります。

歯並びが悪い

歯並びが悪い場合は、ホワイトニングシートを上手く貼ることができないかもしれません。
この場合には、以下の方法が考えられます

・LEDの機器のでホワイトニング
・歯磨き粉
・歯医者でのホワイトニング

差し歯や被せ物など人工の歯

どうしても、まだらが嫌だというのであれば、歯科医でのホワイトニングしかありません。
費用はある程度かかります。

ホワイトニングシートのメリットとデメリット

メリット

・手軽で自分でできる
・歯科医や医療機関で使用が認められている過酸化水素配合が配合されているので効果が期待できる、
・値段が安く、お手頃な価格

デメリット

・歯並びが悪いとシートを貼るのが難しい
・まだらに白くなる場合がある
・虫歯や治療中の歯があると強い刺激により痛みが出る場合がある
・過酸化水素濃度が高いので個人でやると知覚過敏が起きやすい
・歯茎に触れると炎症を起こし痛みがでる
・完全自己責任

ホワイトニングシートの口コミ

海外製のホワイトニングシートが人気の始まりでしたが、現在は、国産のホワイトニングシートもあります。
ホワイトニングシート全体的にどんな口コミがあるのか調査してまとめました。

よい口コミ

・歯医者でホワイトニングするよりも手軽で簡単
・まだらな部分もあるけど、全体的に明るくなった
・効果を感じる
・満足している
・黄ばみが薄くなって自然な色がもどってきた

悪い口コミ

・思っていたより効果を感じない
・唾液でうまく付けられず
・直後は白いけど、次の日には戻っている
・芸能人みたいな白い歯にはならない
・ムラがある
・扱いずらい

口コミまとめ

色々なホワイトニングシートの口コミを調査しましたが、思っていた以上に効果があるようです。
歯医者はLED機器より、安いので、気軽に試すことができそうです。